スメルハラスメントの加害者にならないために

会話をする際などに口臭が原因で相手に不快な思いをさせてしまい、それを嫌がらせとして受け取られてしまうことがあります。スメルハラスメントという言葉で最近話題になっている問題ですが、口臭は本人の意思とは無関係に発せられる場合がほとんどであるため、嫌がらせとして扱われてしまうことは心外ではありますが、相手に苦痛を与えてしまうことは事実です。

知らぬ間にスメルハラスメントの加害者にならないためには、はず口内のケアを充分に行うように心がけることが重要です。例えば食後には必ず歯磨きを行ったり、可能であればキシリトール配合などのガムを噛むことでも口臭を抑えることができます。そういった対策を行っていることが周りに伝われば、仮に口臭が収まらなかった場合でも、嫌がらせとして臭いを発生させているという誤解は解けるため、効果的と言えます。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.